本文へスキップ

さし絵ライター養成講座、気軽に始める在宅ワーク

画像処理エンジニア検定/さし絵ライター

さし絵ライター

さし絵ライター養成講座

画像処理エンジニア検定

■資格内容

画像処理の手法など 
この検定では画像処理分野の開発、設計に必要な知識の習得を評価する。想定職種はエンジニア、プログラマ、開発・研究者など。活用分野は映像通信、コンピュータ周辺機器、製品検査、医療応用、印刷など。


■試験内容

基礎から応用までを評価 
画像処理の基礎から応用、製品等の開発を行うための知識が問われる。


■詳細情報
受験資格: 特に制限なし
試験科目: 画像処理の基礎知識、画像信号処理、パターン認識・計測、メディア処理・符号化、画像処理システムについて、知的財産権/マークシート方式の筆記、ベーシック70分、エキスパート90分
試験日: 7月上旬、11月下旬
試験地: 全国約300会場
受験料: ベーシック(旧3級)=4,500円、エキスパート(旧2級)=5,500円
合格率: ベーシック=67.3%、エキスパート=28.9%(平成22年11月)



■問い合わせ先
CG-ARTS協会
住所:〒104-0031 東京都中央区京橋1-11-2
TEL:03-3535-3501




がくぶん さし絵ライター養成講座


あなたの”好き”を生かそう!イラストよりも手軽に始められる「さし絵」なら、楽しみながらの在宅ワークも夢じゃない!

収入の目安
10cm四方のカット1点で約5千円



さし絵ライター養成講座の詳しい資料請求は




さし絵ライター 学ぶ